眼科かじわらアイケアクリニック

診療案内

Medical

一般総合眼科

一般総合眼科とは目の疾患に対して診断・治療を行うことです。人の情報量は、外界からの約80%を目(視覚)から得ています。

目にもたくさんの病気があり、急に悪くなる病気、徐々にゆっくり悪くなる病気など様々です。視力低下・かすみ目・充血・目のかゆみ・涙目・ドライアイ・眼精疲労・花粉症・飛蚊症・ものもらい等不調を感じられた時は、どうぞ早めにご来院・ご相談ください。

目の病気が重症化することによって、仕事や学業、日常生活などに支障を来たすようなことが無いよう、一度眼科で検診を受けることをおすすめします。

詳細はこちら

緑内障専門外来

緑内障は、40歳過ぎてから発見される頻度が増えてくるもので、視神経が障害され視野欠損してくるものです。日本では失明の原因の1位となっていて、早期発見と早めのケアが大切です。

しかしかなり進行して失明寸前になるまで自覚症状がないのが緑内障の特徴です。緑内障は急性のものは別として、一般的には視野がゆっくりと狭くなっていくので気づきにくく、緑内障の人のうち眼科を受診していない人は9割とも言われています。実際、日本で緑内障の患者さんは、300万人と言われていますが、実はこの9割以上には自覚症状がありません。

詳細はこちら

白内障検査

白内障は、眼の中で、カメラのレンズの役割をしている水晶体が白く濁ることで、ものが見にくくなる病気です。濁りが増すにつれて視力は少しずつ弱くなっていきますが、充血したり、痛んだりすることはありません。また、伝染性もありませんから、ご家族の方に感染する心配もありません。

詳細はこちら

レーザー治療

レーザー治療には主に2種類あり、PHC(網膜光凝固術)とLI(虹彩光凝固術)があります。その他まれなものとしてはLTP(隅角光凝固術)もあります。

詳細はこちら

薬物治療

眼科では治療対象によって点眼薬(目薬)、目軟膏、内服薬、注射薬・点滴薬を使い分けます。「ものもらい」「角膜炎」「結膜炎」「目瞼炎」「ドライアイ」「白内障」「緑内障」など目の表面付近に生じる疾患や表面からの浸透で効果が得られる疾患では点眼薬や目軟膏を、「網膜症」「網膜静脈閉塞症」「網膜動脈閉塞症」「ぶどう膜炎」など目の奥の眼底という部分に生じる疾患では内服薬や眼内注射を、また一部の疾患の急性期病状(網膜中心静脈閉塞症、急性緑内障発作、など)に対しては静脈注射薬や点滴薬を使う場合もあります。

詳細はこちら

コンタクトレンズ外来

1.医師が処方する安心・安全なコンタクトレンズです。

2.利益重視の販売店ではありませんので、驚くほどの低価格設定です。

3.一人一人に最適なレンズをお選びし提案致します。

4.(火)~(土)の毎日がハッピーマンデー価格になりました。

詳細はこちら

院長の人柄を見る
  • 花粉症でお悩みの方へ
  • 当院のリーフレット
  • スタッフを募集しています
  • Photo Gallery
ページトップ