はやり目について

Doctor
院長の人柄を見る
  • 花粉症でお悩みの方へ
  • 当院のリーフレット
  • スタッフを募集しています
  • Photo Gallery

はやり目について

ウィルスの感染によって起こる感染力の強い目の炎症のことを「はやり目(流行性角結膜炎)」と言います。ウィルスに感染した人の分泌物(目やに・涙)が感染源になりドアの取っ手や電車の吊り革、食器や筆記用具の共有からも感染します。つまり、人から人へ接触感染してしまうのです。夏風邪のウィルスと関係があり、暑くなる季節に多くなります。

はやり目の症状は?

結膜(白目)が充血する。目やにが出る。涙が出る。目がゴロゴロする。こういった症状が出た時「はやり目(流行性角結膜炎)」の可能性があります。ウィルスに感染してから発症するまで7~14日間の潜伏期間があります。自覚症状だけではウイルスの感染なのか、そうでなく細菌やアレルギーによる結膜炎なのか判断が難しいため、症状が出た場合は速やかに眼科を受診し、治療を受けて下さい。

治療方法は?

ウィルスに直接効く点眼薬はありませんが、炎症をおさえるための点眼薬を使用すると楽になってきます。つまり、風邪と同じで症状を和らげて楽にすること(対症療法)が重要です。またウィルスに対する抵抗力をつけるため、休養を十分にとって体力をおとさないことが必要です。周囲の人にうつさないための注意事項があるので、必ずよく説明を受けて下さい。また、後遺症として角膜に濁りが残ることもあり、視力に影響が出てくることもありますから症状が治まった直後の状態をチェックする必要があります。自己判断はせず、医師の指示に従うことが大切です。

ページトップ